経営理念
Classic plus Modern

C&M RoboticsのCはClassic、MはModernを意味します。

2007年に設立したC&M Roboticsの社名は、四字熟語「温故知新(古きを学びて新しきを悟る)」から習い、古くからの製造業分野で未だ解決されていない技術を、新しい技術開発を通して解決するという意味を含んでいます。

独自の技術力を通しての評価を求める技術革新型企業で、新技術開発に日々邁進して、産業界に必ず必要な技術が適用された商品をご提供し続けております。

特に、自動車をはじめとする精密機械部品の組立自動化と品質管理に必要なソリューションを備え、韓国・海外にて先導的な役割を担っております。
C&M Roboticsは、技術力がなく困難を抱えている企業に、エンジニアリング・コンサルタントをご提供・実施するなど、技術の価値に注目して技術が競争力へと繋がるようお手伝いしております。

共同研究をお望みの企業との共同研究も行っており、お客様の無限の可能性を未来の成功へとつなげていく企業です。

技術開発と同時に人材養成にも努めており、韓国初のデュアル共同訓練センター「T-PLUSアカデミー」を設立して、産業現場の動力である実務型人材養成にも力を注いでおります。

まだ登録がお済みでない方