会社の沿革

C&M Robotics㈱は、2000年6月に創立して以来
韓国・海外の生産設備とその間積み重ねてきた技術力に基づき、自動組立及び圧入システム専門企業として成長してきました。


2015
08

海外法人を設立(米ニューヨーク)

2013
12

海外販売店と契約締結(タイ)

2011
09

代表理事チュ・サンワン 労働部主管「今月の技能韓国人賞」受賞

08

大邱支社を設立

2010
11

会社移転(ソウル特別市衿川区加山洞)

2007
09

中小企業庁の技術革新型中小企業(INNO-BIZ)認証

04

海外販売店と契約締結(中国、日本)

01

ロボット工学研究所設立

01

C&M Robotics㈱に法人転換

2006
01

圧入力測定機能内蔵のセンタリング装置(Center Master、S/SS-series)発売

2003
12

2003年度産業資源部 部品素材技術開発企業

08

2003年度中小企業庁 技術革新開発事業主管企業

2002
12

ACサーボプレス(FlexPress、FIT-series)発売(韓国初)

2001
12

圧入用センタリング装置(Center Master、B/BS-series)発売(世界初)

2000
12

挿入用センタリング装置(Center Master、A-series)発売(韓国初)

06

C&Mテクノロジー設立(ソウル特別市江西区)

まだ登録がお済みでない方